お見合い後のお返事の仕方

お見合いが無事終了すれば、きっとどんな人でも、結果はともかくほっとしている事でしょう。 気疲れで、何もしたくないという気持ちは分からなくもないのですが、 帰宅後すぐにしなければならない事があります。

それはお見合いの返事です。

世話人にはお見合いの返事を二度に分けて行うのが一般的。

その、一度目を当日中に行います。 時間的に無理な場合は、翌日にしましょう。

電話でまずはお礼と感謝の気持ちを伝え、二人きりの時間どのような感じだったかなどを報告します。 もしこの段階で、気持ちが決まっていなければ、YES、NOをはっきり伝える必要はありません。

相手をどのように感じたのかなど、印象を伝え、好感触だったのか、 もしくはそうではなかったのかなど、なんとなくのニュアンスをお話し、

「よく考えて、後日正式なお返事をあらためてさせていただきます。」

と伝えます。
二回目の返事は遅くても一週間以内に行いましょう。

もし、前向きに進めるという事であれば、この後数回デートを重ね、 相手の事を更によく知る為の期間を設けます。

その後、経過報告を兼ねてお付き合いしていくのか否かを、世話人に報告します。


どの段階においても、お断りするときは、世話人を通して行うのが基本。
お断りする理由も、

「相手の方が、すばらしい方すぎて、自分とはつりあわないので。」

など、自分のほうに非があるようにお話しします。 お見合いの場合、最終的な返事は一般的に、三ヶ月から六ヶ月の間に行うのが通例です。

広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2003年01月28日 10:00
この記事のURL | お見合いについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。