結婚相談所の種類

結婚相談所の種類と特徴についてのお話です。 現在結婚相所は大手企業から個人経営まで全国に約5,000社以上あるといわれています。

そしてサービスの仕組みから大きく3つのタイプに分かれています。

  1. 結婚情報サービス型
  2. インターネット型
  3. 連盟・フランチャイズ型

です。

この他に市区町村がサポートする公的な結婚相談サービスがあります。

結婚情報サービス型 結婚相談所

まずは「結婚情報サービス型」についてご説明しましょう。

「結婚情報サービス型」はほとんどが自社にて全国に支社を持ち、 会員数が3〜6万人と多く大々的な広告宣伝を行って全国規模で展開しています。

料金体制は相場で2年分で約40万円程度をを前払いするところが多いです。 会員探しやパーティ、セミナーなど、とても幅広いサービスを行っています。

インターネット型 結婚相談所

「インターネット型」とは、その名の通りインターットインターネットで 自由に結婚相手を検索できるというシステムです。

インターネットで会員登録をして、お好みの方を探します。 メールのやり取りからお見合いに至るまで、すべてインターットで行う事ができるのです。

支店や店舗がありませんので、断然お値段も安いです。

ただし、店舗型のように何か尋ねたい事があっても、 すぐには問い合わせられないのが現状です。 特に交際が始まってから、結婚が決まってからは色々と相談したいこと、 他の人はどうしているのか?という聞きたいことが出てきますので、 そういう場合には、不便を感じるかもしれません。

連盟・フランチャイズ型 結婚相談所

「連盟・フランチャイズ型」は昔ながらの小規模な結婚相談所のことです。

会員数も多いところで30人程度、通常は5〜10名程度の登録です。 規模が小さいですので、単独では、十分に相手を見つけることは難しい事です。

しかし通常の結婚相談所団体に加盟されている場合は、 団体全体の会員情報を利用できる事もありネットワークを駆使すると、 十分なお相手の中から選べます。

費用の大体の相場は5〜10万円程度の入会金を前払いして、 あとは成婚時に30万円程度の成婚料を払うところが多いです。

公的サービス型 結婚相談所

民間のサービスとは別に「市町村」で受け付けられてる、 いわゆる「結婚支援」サービスもあります。 これは結婚相談所というよりは“脱少子化対策”といわれています。

料金も無料相談がほとんどで、セミナーや講座を受け、 まず結婚を意識させ、結婚についてのマナーなどを1から教えてくれるシステムです。

男性の場合、少し田舎の方になると、今でこそインターネットが普及していますが、 それでも家業の事で忙しく、また田舎にはお嫁さんの成り手がないのが現状です。

そのうちに年齢を重ねてしまい、ご両親も年をとられ、出会いすらない、 ということにならないように市区町村が結婚相談サービスを提供するという形です。

農村を抱える市区町村に多いサービスで、市区町村が直接的に運営していなくても 行政サービスとして行っている場合もありますので、利用したい場合は、 お住まいの市区町村の窓口に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


タグ:結婚相談所
posted by 婚活花子 at 2004年01月09日 10:00
この記事のURL | 結婚相談所について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。