成婚率とは?

成婚率とは、単純に会員全体の中で何%の方が成婚したかを数値化したものです。

この成婚率が高ければ高いほど、結婚できる可能性が高くなるということです。 結婚相談所を選ぶ際にはこの「成婚率」を参考にすることが多いと思います。

そして結婚相談所の成婚率が高い要因としては、

「成功報酬制の料金体系かどうか」
「良いカウンセラーがいるかどうか」

ということが挙げられます。


成婚報酬制とは結婚が成立した時に対価として支払う報酬のことをいいます。

中には結婚相談所では仲介したお見合いや、 結婚相談所の会員同士で結婚が成立した時に成婚報酬がかかるところもあります。

この成婚報酬制の料金体制をしっかり把握してない方は詐欺にあっている、 と勘違いされる方もいらっしゃいますが、そのような仕組みになっている所があります。

カウンセラーもやはり成功報酬があるからこそ、がんばれる、という部分もあると思いますので、 逆にそういう料金体制になっているところは、成婚率が高くなる傾向があります。


次は、「良いカウンセラーがいるかどうか?」ですが、成婚率が高いのは、 「良いカウンセラーが居るから」、なので当然といえば、当然です。

できれば、その方に担当してもらいたいですが、その方が担当にならずとも、 そのノウハウは共有されているはずなので、成婚率の高い相談所を選べば間違いないと思います。


ただ、「成婚率が高いかどうか?」は、資料や入会時に説明を受けることができますが、 それが本当かどうか?というのは、こちら側から確認したい大事なポイントになると思います。

それを確認するためには、

「実際に成婚した方の写真などが見られるかどうか?」
「相談したカウンセラーが成婚させた実話を話せるか、成婚数を聞いても教えるかどうか」

というところを質問して確認すると良いと思います。

「実際に成婚した方の写真などが見れるかどうか?」ですが、 サクラといっては言葉は悪いですが、モデルさんを起用し作られている場合があります。

このような場合ご自身での判断は厳しいかもしれませんが、 カウンセラーさんから、できるだけ多く何枚も見せてもらい、 その成婚までのお話を伺うのがポイントです。

また、担当されたカウンセラーさんの成婚の成果を、 どのように自分に伝えてくれるかも大事なことになります。

成婚例ばかりではなく、失敗談もあると思います。

失敗談は、決して入会者を不安にさせるだけではなく、入会者の知識にもなりますので、 失敗談とその失敗をどう改善するようにしてきたか? ということも話してくれる相談所であることが見極めの一つになります。

高い成婚率ばかりを口にするカウンセラーもいると思いますが、 それは相談所の方針でそう言うことになっている場合もありますので、 逆に失敗談を話せるかどうかも親身になってくれるカウンセラーかどうかの判断基準になります。

その辺りをうまくご自身で納得がいくまでお聞きになり、 カウンセラーが入会者の人柄をみるのと同じように、 入会者側もカウンセラーの人柄を察知しなければいけません。

成婚率が高い相談所、カウンセラーに担当してもらうのが結婚への一番の近道になりますので、 成婚率とそれまでの経験談は、入会前の重要な確認ポイントになります。

広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2004年01月13日 10:00
この記事のURL | 結婚相談所について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。