会員数とは?

結婚相談所の会員数についてですが、大手と小規模な相談所では違ってきます。

小規模の結婚相談所では、その相談所に登録している会員数は、 多くて30人、通常は5〜10名というところです。

そういったところでは、その相談所内だけでは、なかなか会員同士のお見合いが組めませんので、 全国規模の団体に加盟しているところがほとんどです。

そうすることによって、その団体や協会と提携している相談所同士で会員を相互に紹介して、 アクセスができるようにしています。

一般的に、会員数○○名とあるのは、このネットワーク上の会員数のことになります。

この場合は、同じネットワークの中での紹介ですので、その協会・団体に加盟している相談所であれば、 どこに登録していてもアクセスできる会員数に大差はありません。


大手結婚相談所の一番多い会員数は全国規模で、5万人を超えているところもあり、 会員獲得などをインターネットで行い、多くの会員の中から紹介を受けたり出来ます。


どちらが良いか悩めるところですが、1社で5万人でも、数多くの相談所が集まっての1万人でも、 会員数はあくまでも目安の指標なのです。

全国で5万人でも、自分の望む地域の人が数百人であれば、 地元にネットワークを持っている中小の結婚相談所の人数とそんなに大差がなくなってしまいます。


また、会員数がどれだけ多くても会員資格の期限である2年間で、実際に紹介を受けたり、 交際を申し込む相手は多くても200人以下です。

ですので会員数はその会社の規模の大きさを判断する1つの目安程度に考え、 それより、どれだけ自分に合ったサービスが受けられるか?が大切なポイントになってきます。

広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2004年01月14日 10:00
この記事のURL | 結婚相談所について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。