結婚相談所で起きたトラブル

結婚相談所では、様々なトラブルがあります。

大手の相談所では、入会前と入会後のアドバイザーの変更により会員が気を悪くして退会するケースが多いです。

会員数5〜10人程度、事務所を構えずアドバイザーも事務も1人でやっていらっしゃるような小規模な結婚相談所の場合は、 男性の審査がほぼ住民票だけ、という所がほとんどで、入会審査もまずありませんので、それが元でトラブルになることが多いです。


女性の方で多いのが勧誘に関するトラブルで、特に多いのが保険の勧誘です。

営業目的で入会されている女性も少なくはありません。 その辺を見極めるのもカウンセラー、アドバイザーの仕事ですが、 行動を起こされてはじめてわかる事もありますので、 営業目的かどうか判断するのは大変難しいのです。


そして、ちょっと驚くような内容ですが、トラブルになるのが 「性同一性障害・同性愛者」です。

男性の方が、ご両親に結婚を進められ入会、お見合いもして3人もの女性とお付き合いされました。 そして、4人目の女性の時のプロポーズの時です。

遊園地の観覧車の一番上の所でのプロポーズというのが、マニュアルにあり、 女性もプロポーズされる事を知っていました。

そして、女性は期待していた言葉が出るのかと思っていましたが出てきた言葉は、なんと、

「じつは僕は同性愛者です。 今まで女性とお付き合いはしてきましたが、 それ以上は発展しませんでした。 今回は真剣にお付き合いを考えただけにハッキリとお伝えしようと・・」

という男性の告白でした。

それを聞いた女性はビックリして、お返事はもちろん「ノー」でした。

「性同一性障害・同性愛者」ということは、プロフィールに書かれる事はありませんので、 後にトラブルになる事が多いのです。

広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2004年01月25日 10:00
この記事のURL | 結婚相談所について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。