お見合い当日の流れ

当日は、一番に世話人(仲人)が会場に行き、スタンバイしています。

本人達も遅刻はもちろん厳禁です。
なるべく自分の方が先に会場に到着し、相手をお迎えするスタンスでいきましょう。

会場に到着すると、先にいる世話人が席を立ち迎えてくれます。 後から来る相手には世話人同様、席を立ち挨拶しましょう。


挨拶が済んだら、基本的に縁談は、世話人の進行で進みます。

まずは世話人が男性、女性の順番に紹介します。 両家の事や本人達のプロフィールが中心です。 その後は、話の流れを読み、時々世話人が司会進行をするという感じで会話を進めましょう。 この時の会話は身上書などの資料を参考に進む事となります。


緊張がほぐれ双方が打ち解けてきたと判断できるところまできたら、 タイミングを見計らって、「後は、若い者同士で」といった運びになり、 場所を変えて二人だけのデートになります。

二人だけの時間は場所を変えることが多いですが、 そのままの場所で世話人や同席者が退出するというケースもあります。


最近は気軽なお見合いとして世話人も同席せず、 最初から本人同士だけでのお見合いというのも増えてきています。

確かに気軽ではありますが、見ず知らずの他人と突然合い、 司会進行役もいない状態でお見合いを進めるのですから、 特に男性側は基本的なお見合いの流れをよく熟知し、 リードできる様にする必要があります。


広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


タグ:お見合い
posted by 婚活花子 at 2003年01月21日 10:00
この記事のURL | お見合いについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。