お見合い、どこに座る?

お見合いに限らず、正式な場では席次には決まりごとがあります。

場所によって、色々あるので、全部を理解するのは難しいかもしれませんが、 基本的なことは覚えておいた方が無難です。


まず、入口から一番奥が、上座です。
向かって右を一位座といい、左を二位座、そして入口側が下座です。

お見合いの場合は基本的には世話人がいますので、 その場合は世話人が上座下座を念頭に置いた上で、配置を決めています。

ですから、自分から勝手に着座するのはタブーです。


一位座に男性側が、二位座に女性側が座り、世話人は下座に座ります。

付添い人がいる場合は、本人同士が真正面にならないように、対角線に座ります。
これは、あまりにも目の前に相手が来てしまうと、逆に話しづらいからです。

もし、カジュアルなお見合いで世話人が同席しない場合などは、 男性が上座下座の決まりごとを理解したうえで、女性をエスコートしてください。


もし、場所的に上座下座が分かりづらい所だとしても、 変に迷ってオロオロしている姿を女性に見せてはいけません。

もともと、気軽な形式の縁談なのですから、分からない時は、 通路側に男性(自分)が座るなど、女性の身になって、臨機応変に対処すれば大丈夫です。


広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2003年01月25日 10:00
この記事のURL | お見合いについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。