お見合い当日の費用分担について

お見合い当日の費用分担についてに関しては、人により様々な意見や考え方があります。 お見合い自体も多様化していますので、 お見合いをするにあたって事前に確認しておいた方が良いでしょう。


ホテルやレストランなどの会場を設けてお見合いをした場合、 かかった費用を両家で折半するのが一般的です。

これは、その場で折半するというのではありません。

会場に支払うのは世話人の仕事です。 あらかじめ費用が大体分かれば、それよりも少し多めの金額を世話人に渡しておきます。

金額が分からない場合は、縁談後同じ様に、実際にかかった金額よりすこし多めの金額を世話人に渡しましょう。


最初にお話したとおり、これらはあくまで一般論です。

中には、「男性持ち」「世話人(仲人)持ち」というケースもありますので、
あらかじめの確認が大切です。

また、カジュアルな二人きりでのお見合いであれば、気さくに折半で良いと思います。 この場合は、ホテルのラウンジや喫茶店などでしょうから、費用的にも小額で済むと思います。


もし、世話人の方のご自宅を縁談で使わせていただいた場合は、 お礼という形で実際にかかったと思われる費用に少し上乗せした金額をお渡しします。

中には、受け取っていただけないケースもありますが、 このような時には、品物などでお渡しすると良いでしょう。


広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2003年01月27日 10:00
この記事のURL | お見合いについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。