二人きりになったときは、どうする?

お見合いが進行し、本人同士の会話も弾み打ち解けてきたところで、 世話人から二人きりになる事を勧められます。 場所を変えて二人きりになる事もありますし、 その場で世話人や付添い人が退席して二人きりになるケースもあります。

場所を変える場合は、同席者はそのまま帰宅する事もありますし、時間を決められ、
最後はお開きという形できちんと仕切る事もあります。


どちらにせよ、せっかく相手と二人で気軽に話せるのですから、
肩の力を抜いて話してみましょう。

男性はこの時、どのようにしようか前日までに考えておくとリードしやすいでしょう。 資料などでは分からなかった事や相手の方の条件など、 この二人きりの時間を有効に使って質問確認しておきましょう。

もしかしたら、それまでは緊張や人見知りで話せなかった相手も違う一面を見せてくれるかもしれません。

逆に、さっきまでは盛り上がっていたのに、 二人になったらまた緊張していしまって・・・という方もいるかもしれません。 それはそれで、相手の個性。 お見合いの面白いところです。


場所を変えるのであれば、公園やカフェなどが良いでしょう。
男性は事前に下調べをしておいて下さい。

別れた後は、世話人に二人きりの時の報告を忘れずにしましょう。


広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2003年01月26日 10:00
この記事のURL | お見合いについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。