お見合いパーティーの流れ

お見合いパーティーが実際どういった感じで進むのか?というのも参加前に知っておきたい事柄ですよね。 ここではお見合いパーティの流れについてご説明いたします。

実際には、お見合いパーティの種類によって流れは千差万別ですが、 ここでは一般的に広まっているパーティを紹介をしたいと思います。


まず、男女とも番号札を付けます。 スタッフの方は参加者を番号で管理し、 パーティー中は、 「4番の女性が一番人気です」 など番号で呼ばれます。 自己紹介してからも照れくさい場合などはお互い番号で呼んでしまうこともありますね。

次は、プロフィールを記入する紙に自分のプロフィールを記入します。 相手のプロフィールを記入できる欄がある用紙を渡されることもあり、 これは相手のプロフィールをメモするのに役立ちます。


諸手続きが終わると、参加者は最初にスタッフの決めた席につきます。


席に着けば、まずは、自己紹介です。

4人掛けの席に男女が2人ずつ座って話をし5分程度自己紹介をした後にメンバーが入れ替わるもの、 内側に女性・外側に男性が座って外側の男性がぐるぐる回り全部の女性と話しができるタイプのものなど様々あります。


一周して全員と自己紹介が済めば、「アプローチカード」を記入します。 これには、第一から第三まで気になった相手を記入し、スタッフに提出します。

カード提出後、しばらくはゲーム大会などで場の雰囲気を和ませる時間などがあります。

その後スタッフからアプローチカードが返却され、 その際に自分が選んだ相手の欄にチェックがあれば、 相手もあなたのことをカードに記入している!ということです。

つまり、お互いに相手に気に入られている、という証拠ですね。


その後は、フリートークの時間に移ります。

フリートークの間は、お互い第一印象で気に入った相手にさらにアプローチし、 カップル成立により近づくための貴重なチャンスになります。

中には第一印象の人をキープしておいて、 他の相手にもアプローチしていく時間として有効活用する方もいらっしゃいます。


フリートークが終わると、最後に「ファイナル告白カード」を記入します。 これは最終的にあなたが気に入った相手を記入しスタッフに提出します。

それも第一から第三希望(大人数なら第五まで)を記入でき、 互いにマッチングした相手がいたら司会者のスタッフに番号を発表されます。

番号が呼ばれた男女は見事カップル成立です!

最後にカップルになった男女は電話番号やメアドを交換したり、 次回に会う約束などを交わします。 中にはそのまま2次会に行ってしまう積極的なカップルもいます。


上記のようなパーティの流れのほかに、 70対70程度の大人数パーティだと終始フリータイムで気に入った人をどんどんカードに記入し、 同じくマッチングしたらカップル成立という大規模のものや、 1対1や少人数でそれこそお見合いのような感じで進めていくパーティなど多様化しています。

大体の雰囲気はこんな感じです、あとは参加して実際の雰囲気を感じてみてください。

広告

結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!


posted by 婚活花子 at 2005年01月10日 10:00
この記事のURL | お見合いパーティーについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。